プレーナー構法、特殊ガラス構法の設計・施工、建築用板ガラスのコンサルティング

日本板硝子ディー・アンド・ジー・システム株式会社


トップページ > 施工事例 > 汐留住友ビル

施工事例

汐留住友ビル(接着構法+リブガラス(通し))

汐留住友ビル
接着構法

接着構法

リブガラス(通し)

リブガラス
(通し)


 

アトリウムを囲む高さ40m×幅80mのガラス面の大半を生板ガラスとステンレスワイヤーだけで構成するというシステムを採用。このシステムとは、高さ40mのガラス面の重量は全て金物(クロコダイルノード)を介してワイヤーで最上部から吊るし、幅12.8mの柱間にガラスの耐風梁を構成するものである。面ガラスは外部側に配したリブガラスをマリオンとして2辺支持され、上下辺は全て突き合わせだけの納まりとなっている。

物件データ
物件名汐留住友ビル
所在地東京都港区
設計日建設計
施工鹿島建設・竹中工務店・西松建設・三井住友建設共同企業体
ガラス仕様面ガラス−フロート板ガラス15mm、19mm飛散防止フィルム貼
水平リブガラス−フロート合わせガラス19+19mm
垂直リブガラス−フロート合わせガラス19+19mm
汐留住友ビル 汐留住友ビル
 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ:03-6240-4236

受付時間9:00〜17:00(定休日:土日祝)


©日本板硝子ディー・アンド・ジー・システム株式会社