プレーナー構法、特殊ガラス構法の設計・施工、建築用板ガラスのコンサルティング

日本板硝子ディー・アンド・ジー・システム株式会社


トップページ > 施工事例 > 宇宙開発事業団 総合開発推進棟

施工事例

宇宙開発事業団 総合開発推進棟(PFG構法(ピース支持)+リブガラス(通し))

宇宙開発事業団 総合開発推進棟
リブガラス(通し)

リブガラス
(通し)


 

支持構造は、2層毎の丸パイプとその間に設置されたテンションロッド。各支持構造からPFG金物を取り付け、ガラスの縦辺はPFG金物部に支持されたリブガラスに接着している。縦辺の支持をリブガラスにすることにより高い透明感を実現している。

物件データ
物件名宇宙開発事業団 総合開発推進棟
所在地茨城県つくば市
設計日建設計
施工鹿島・フジタ特定建設工事共同企業体
ガラス仕様面ガラス−フロート板ガラス19mm、22mm
リブガラス−強化合わせガラス15+15mm
宇宙開発事業団 総合開発推進棟
 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ:03-6240-4236

受付時間9:00〜17:00(定休日:土日祝)


©日本板硝子ディー・アンド・ジー・システム株式会社