プレーナー構法、特殊ガラス構法の設計・施工、建築用板ガラスのコンサルティング

日本板硝子ディー・アンド・ジー・システム株式会社


トップページ > 施工事例 > 埼玉県立大学

施工事例

埼玉県立大学(DPG構法(点支持)+マリオン(方立))

埼玉県立大学
マリオン(方立)

マリオン
(方立)


 

ルーバーによって強調される横のラインと合わせて横型のマリオン(スチール製フラットバー)とし、DPG構法でガラスを支持する。横型のマリオンは、縦に張ったテンションロッドでガラスの自重を支える。

物件データ
物件名埼玉県立大学
所在地埼玉県越谷市
設計山本理顕設計工場
施工大林組ほかJV
ガラス仕様強化ガラス12mm15mm、飛散防止フィルム貼
埼玉県立大学
 
埼玉県立大学
 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ:03-6240-4236

受付時間9:00〜17:00(定休日:土日祝)


©日本板硝子ディー・アンド・ジー・システム株式会社